妊婦の便秘の薬

妊婦の便秘の薬について

妊娠すると便秘になりやすいと聞きますが、妊娠中は薬を服用すると体に良くないと言われますよね。元々女性には便秘の人が多く、普段から便秘薬によく頼っているという人もいると思います。妊娠してから更に便秘がひどくなり腹痛を伴ったりすると、どうしたら良いのか困ってしまう方も多いようです。なぜ便秘薬が妊婦に良くないのか、妊婦でも使える便秘薬はないのか、妊婦の便秘の薬について紹介します。

 

手軽に薬局等で購入できる、以前から服用している薬があるという理由から、市販の便秘薬を使用したいと思いがちですよね。しかし、市販の便秘薬は刺激性下剤であり、副作用として子宮収縮作用があることがあります。子宮収縮作用は早産や流産が引き起こされてしまう危険性があります。成分にビサコジルやセンノシド等が含まれる場合、こういった副作用が生じるかもしれないので注意が必要です。薬には妊婦の方は使用を控えるよう記載してある場合もあるので、きちんと注意して読みましょう。漢方薬なら良いのでは?と考える方もいるかもしれませんが、漢方薬の服用にも同様に子宮収縮の副作用がある可能性があるので、避けた方が良いでしょう。自己判断で使用しないように気をつけたいですね。

 

便秘がひどい場合、産婦人科に相談すれば体に負担の少ない便秘に効く薬を処方してもらえます。よく処方されるのは、マグラックスやマグミット等の酸化マグネシウム系の便秘薬です。この便秘薬には便に水分を含みやすくする効果があるので、水分を含んだ便が排泄されやすくなります。刺激が少なく妊婦にも使えるとされていますが、多量に服用して血液中にマグネシウムが溜まってしまうと、胎盤の血流が悪くなる危険性があります。お医者さんに相談しながら、用量を守って使用することが必要です。

 

妊婦の便秘

やはり、妊娠中は副作用のことを考えると便秘の薬を使用することに抵抗を感じるかもしれません。一番良いのは、薬に頼らず食物繊維や乳酸菌を摂ることで腸内環境を整え、便秘を解消することだと言えますね。