妊婦の便秘と腹痛

妊婦の便秘と腹痛について

妊婦の便秘

妊娠中には腹痛がよく起こることだと言われており、腹痛があるたびに流産しないか、何か問題があるのかと不安に感じる妊婦さんも多いようです。妊娠すると、子宮が大きくなって周りの筋肉が収縮することによる痛みや、体が冷えて機能が低下し、お腹の痛みを感じる等といった原因による腹痛がよくあることだと言われます。そしてもう一つの腹痛の原因に、便秘があります。元々女性には便秘の人が多いと言われますが、妊娠前は便秘ではなかったのに妊娠してから便秘になったという女性も多いようです。なぜ妊婦は便秘になりやすいのか、その原因と腹痛の関係について紹介します。

 

妊娠初期に多い便秘の原因として、ホルモンバランスの変化があります。女性の体には黄体ホルモンと卵胞ホルモンが分泌されますが、妊娠中は黄体ホルモンのみ分泌されるようになります。黄体ホルモンは、腸の動きを抑制するので便を運ぶ腸の運動が減ってしまいます。その結果排便が促されにくくなってしまうので、便秘になりやすいのです。排泄されるべき便やガスがどんどん腸に溜まっていくことで臓器が圧迫され、お腹の張りや痛みを感じてしまいます。

 

妊娠中期〜後期には、子宮が大きくなって腸が圧迫されることで腸の動きが鈍り、便秘の原因になってしまいます。また、お腹が大きくなることでいきむことが出来なくなり、排便しにくくなるということも妊婦の便秘の原因の一つです。その他にも、妊婦の便秘の原因として全般的に考えられるのは、水分不足によって便が硬くなってしまうことや運動不足もあります。

 

便秘は大した問題ではないと思っている方もいるかもしれませんが、便秘の状態が続くとお腹の張りや痛みを感じるだけでなく、食欲がなくなったり吐き気をもよおしたりと、体調不良につながってしまいます。母子ともに健康な状態でいるためには、便秘を改善して腹痛の原因をなくすことが必要です。妊娠中の体に便秘薬の服用はよくないので、食物繊維を含む食物を食べたり、乳酸菌を摂ったりして腸内環境を整えていくと良いですね。